Read Article

【食べ物・お店】フィッシャーマンズウォーフだけじゃない:サンフランシスコで胃腸に優しいイチョウガニ

サンフランシスコでシーフードと言えば、フィッシャーマンズウォーフ、Pier39と来ると思いますが、いやいや、本当においしいカニはもっと別の場所にあります。

はい、ここ。

名店が「Crustacean(クラスタシアン)」です。クラスタシアンとは日本語で「甲殻類」の意味で、まさにカニのお店。カニ料理のみならず、ベトナム王朝料理にフレンチのエッセンスが加わったフュージョンレストランで、日本人の口によく合うメニューが目白押しです

ダウンタウンからは少し距離があるので、タクシーで行くのがお勧めですが、メニューは日本語でも書かれていて、結構日本人のお客さんも多いようです。

ベトナム料理と言うことになるのかもしれなくて、ごちゃごちゃしたエリアの、ガラス張りのビルの三階で、入り口がわかりにくいし、周りがスーパーとかコンビニとかで、一見高級感はないのですが、中はおしゃれな作りで、テーブルやナプキンもきれいにしつらえてあります。

前菜は、いろいろ注文したのですが写真撮る前に…生春巻、ロブスターの春巻き、パパイヤのサラダ、など。

ダダーン!ダンジネスクラブ〜日本名は、アメリカイチョウガニ。胃腸に優しそうでしょ?

お値段は時価で、この日のは54ドル。

このガーリックソースがなんともおいしい。よくあるバターソースも悪くないのですが、この秘伝の?ガーリックソースは、アジア〜と言うコクもあって、塩味とガーリックの強烈な香りが最高です。

隣のテーブルでは、一人一匹(一杯)注文していたので、さすが北米〜とか思っていたのですが、実は体にはほとんど身がなく(いわゆるミソも無いか溶け出ている)、脚のところだけなので一人一杯行けたかも〜です(八人で三杯注文しました)。

欠かせないのが、これ!塩焼きそば?これとカニの身を混ぜて食べると、またまたアジア人で良かった〜!な味です。

ワインのセレクションも良く、お店のお兄さん-日本語を覚えたがっている-が、かなり詳しくワインを説明してくれます。

一人で行くのは、カニの量的に難しいかもですが、タクシー飛ばしていく価値あります!


Posted with SLPRO X for iPhone

Return Top