Read Article

【ブログ】ポケットのお気に入り:この一週間

Photo:Pocket Change By:Mike Schmid
Photo:Pocket Change By Mike Schmid

この一週間のPocketのお気に入りです。

#秘密にしておきたかった生き物 「ウデフリツノザヤウミウシ」通称ピカチュウウミウシ

人生と恋愛を楽しむウディ・アレン映画の名言たち

みなさんは、ウディ・アレン好きですか? 彼は養女に手を出してメディアを騒がせしたりしているので(笑)もしかしたらスキャンダルだけ知っていて、彼の作品をまだ見たことがないと言う人も多いかもしれません。私

なぜ古い本はいいニオイがするのか?

図書館の古書棚や古書店では、何とも言えない特有の古書の香りが漂っていますが、なぜ古い本はいいニオイがするのかという理由について、日常の中の科学を扱っているSciShowが「Why Do Old Books Smell So Good?」で科学的に解

キータイプするたびにどんどん論文ができていく『EssayTyper』

残念ながら英語のみだが、仕事(もしくは勉強)している風を装いたいときに便利ですねー。

ひさびさの雨もいいものですな。さて本日こそは仕上げたい収録が…。

もし「フォースの覚醒」のBB-8がWindows XPで動いていたら?

遠い昔、遥か彼方の銀河系でWindows XPを搭載したドロイドが――

双子素数を通してみる通貨制度と音階の巧拙

 今回は少し変わった方向から「音楽とデジタル通貨」の双方にまたがる基礎的なお話をしてみたいと思います。

ケプラー宇宙望遠鏡が新たに1284個の太陽系外惑星を発見、うち9つは生命体存在の可能性あり

NASAのケプラー宇宙望遠鏡が、新たに1284個もの惑星を発見しました。これは、これまで見つかっている太陽系外惑星の数を一気に倍増させる快挙であり、従来考えられていたよりもはるかに多くの惑星が存在する可能性が

生命発見の日は近い! これが宇宙の新常識だ

 宇宙についてみなさんの前で話をする機会が時折ありますが、最後に質問はありますかと尋ねると、手を挙げてこう聞く人がいます。

北欧デザインなスマートウォッチ『Withings Activité Steel』がめっちゃカッコいい

スマートウォッチといえばデジタル液晶とハイテクなイメージがありますが、それを覆すように登場したスマートウォッチが『Activité』シリーズ。

その発想はなかった! 本のタイトルを組み合わせる「 #文庫川柳 」が面白い

さわや書店本店(@sawayahonten)さんがはじめた、文庫本のタイトルで川柳を作る遊びがTwitter上で話題になっています。

さっそく文庫本を組み合わせる人が続出。あまりに面白いので、個人的傑作選をまとめてみました。

こども用の甘口カレーに加えるだけで大人も満足できる辛口カレーに!この香辛料が良いぞ!

ただし、こどもが1歳〜2歳の頃は、まだ小さいこともありこども用の、いわゆる超甘口。S&B カレーの王子さま ルウタイプ 80g×5個

Instagramの新アイコンやUIはこうやってデザインされた

写真およびムービーの撮影から共有までできるSNS「Instagram」がアイコンおよびUIを2016年5月11日に一新しました。サービス開始以来初となる大幅変更を行ったInstagramのデザインチームを率いるイアン氏が、どのような経緯

「浦和赤菱有限公司」の可能性を考える ・・・三菱自動車と浦和レッズの今後、そしてグローバル世界のサッカーとビジネス

燃費データの不正問題で次々と過去の所業が明るみに出る三菱自動車。

スマホで操作できて海中を自由自在に移動・撮影可能な水中ドローン「SeaDrone」

空を飛ぶドローンが一般的になりつつある中、ドローンのように複数のプロペラやカメラ搭載で、スマートフォンで操作して水中を自在に見回れる水中ロボット「SeaDrone」が登場しました。

自ら「炎上」へと突き進む?舛添都知事の「理論的な釈明」

政治資金の私的流用が疑われている舛添要一東京都知事による5月13日の記者会見。そこで展開された説明と釈明の基本的なスタンスをまとめると以下のようになる。

わずか64KBで驚くほど美麗な宇宙空間を作り出した「fermi paradox」

音楽を伴った美しいCGアニメーションをリアルタイムに表示するデモシーンのイベント「Revision 2016」の64KB部門で優勝したのが「fermi paradox」です。壮大な音楽と映像で表現される美麗な宇宙空間は、わずか64KB(65536バイト)

パナマ文書事件が明らかにした「第五階級」とは

匿名人物のデータ情報提供という形で発生した「パナマ文書(Panama Papers)」をめぐるスキャンダル。これは中米パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」によって作成された内部文書が「南ドイツ新聞(Suddeutsche Zeitun

科学の発見

プレミア試写会での私の舞台挨拶のビデオと、企画を担当された未来館科学コミュニケーターのディミトリス・コドプロスさんのインタビューが掲載されています。

ぐでたまコラボカフェが大阪にオープン パンケーキやロコモコに変身

続きを読む



Written with MyEditor and posted with するぷろ for iOS(ブログエディタ).

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top