Read Article

【映画】喝采:田舎娘の硬い意思 ほくろはついてません

モノクロの映画って、なんかおちつくし、美しいですよね。
まあ、そもそも古い映画なんですけど。

邦題は喝采。原題は”The Country Girl”。冒頭で、グレイス・ケリー演じるジョージーが、「私は”country girl”で、舞台のことはわかりませんから」といってますが、それですね。

喝采 The Country Girl

舞台劇の映画化。

キャスト
ビング・クロスビー:フランク
グレイス・ケリー:ジョージー
ウィリアム・ホールデン:バーニー

ビング・クロスビーが、こんなに不安そうな顔の役を演じるなんて!

というわけで、売れなくなった酒浸りの往年のスター、フランクと、彼の才能を信じて、なんとかもう一度売り出そうとするバーニー。フランクの妻ジョージーは、舞台やショービジネスのことは何もわからないというのだが、いつしか、バーニーはジョージーに…

スターだったフランクが酒浸りになり、芸に身が入らなくなり、そして何より、ジョージーの顔色ばかり伺うようになってしまったのには、辛い原因があり…

例によって、なんでこれを予約してレンタルしたか忘れちゃいましたが、ウィリアム・ホールデンらしいウィリアム、グレイスらしいグレイス、そして、ビング!こんな役もあったのか!ってな演技。

フランクが立ち直る直前の…そのきっかけとも言える、バーニーとの会話が素晴らしく…怖い。演技も表情も!
年を取り、人の噂にのぼらなくなってきた俳優が何を考えたか…
(ビングが、ではないですが)年を取り、何かに取り残され、必要とされなくなった人が何を考えるか…

エンディングは、ある意味予想と違って、あ、それでこのタイトルね!と思わせるものでしたが、どーんとのしかかる、いい作品でした。

年を取り、取り残された俳優?ウィリアム・ホールデン?

これだ!

ラストが違いますが、凄まじい映画でしたね。




Posted with するぷろ for iPhone.

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top