Read Article

【映画】小気味良くて、かつ、”やられた~”感 カインドハート

原題は、KIND HEARTS AND CORONETS。1949年の作品。モノクロ。例によって、なんでこれをレンタルリストに加えたのかは、ちっとも覚えてない。

coronetは冠の意味です。

英辞郎 on the WEB

・Kind hearts are more than coronets.

優しい心は冠に勝る、ということわざをちょっと逆手にとったようなタイトル(と内容)。

Simply Dead 『カインド・ハート』(1949)

 貴族の血を引きながら貧しい生活を強いられてきた青年紳士が、爵位を得るために他の後継者たちを次々に抹殺していく……。

とあるわけですが、たしかに冷徹な(演技の)主人公が、淡々と復讐を兼ねて後継者を殺して行く。でも、どこかコミカルで、応援したくなる感じ。愉快痛快をモノクロで描いた、と言うか…

この愉快さは、アレック・ギネスの、一人八役の名演と言うか、なぜかドタバタとした八人が、主人公に、ただ殺されて行く、そこが笑えるから不思議です。

見ながらググって、コメディとあるけどな…と不思議に思っていたら、ラストの場面、ようやく爵位を継承できることになった主人公が、思わぬ罠に落ち、明日死刑となる身に!

やっぱり、悪は栄えないんだ、勧善懲悪の話なんだと

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top