Read Article

【本・映画】怒り:怒り、悲しみ、光

怒り、読みました。吉田修一の作品。うまいなぁ、作りが。

映画も完成したところで、どっちを先に?と思いましたが、まず文庫の上を一気に読み終わり、ワナワナしつつ、下を読み終わりました。

いや、面白かった。いい意味で、いつもの通りの吉田修一ストーリー、吉田修一エンディング。

人と話をしてて、

(「悪人」+「パレード」)÷日本社会

*人口密度の計算のような

という感じかな、なんて思いました。

悪人は、この辺が舞台になっているせいもあって、なぜ?と言うのがよく分かるような気がする一方、パレードは、頭では分かっても、実感しにくい。でも、どちらも、孤独とかさみしさとか、ですよね、モチーフ。

映画もこのストーリー(テーマ)に沿って作られてると信じますが、予告編、映画館や本屋さんで流れてますね。

チラ見するだけでも、渡辺謙の役(原作でも、かなりの中心人物)が、素晴らしいように思えます。

ネタバレ…途中で犯人分かっちゃいますが、犯人捜しが重要でもないので…

東京、千葉、そして沖縄で(なんとなく、悪人とパレード、分かるでしょ?)殺人犯かもしれない青年と出会う三組の家族。その家族が…あるいはその周囲も含めて、人と人との関係が…父娘だったり、その日その日の同性愛のカップルだったり、母娘とその友達だったりするわけですが、信じてるつもりで信じていなかったり、信じる必要が無かったり、信じて、と言い続けないといけなかったり…うう、悲しいです。

最後までこのテーマだと、もうどん底エンディングになるところですが、吉田修一エンディング、一筋、二筋の光明を残します。それがまた泣ける。悪人の(映画の)エンディングを思い出させますね、これは。

それにしても、ある意味最大の謎が読者に残されたまま終わっちゃうのですが、あれは…

ちょっと、津山での大量殺人事件を思い出したのですが、そういうことなのかなぁ。

受け入れてもらえない、と言うか信じてもらえないというか…


Posted with SLPRO X for iPhone

Return Top