Read Article

春のそぼろ弁当なり

レンゲが一面に咲き誇り、その向こうに菜の花、そして桜が咲いて・・・さらに、向こうには、福岡との県境の背振山系、そして青空。こんな風景を見ていると・・・

・・・こんなものを思い出してしまいます。(写真は拾い)

はい。生まれ育った北九州は折尾の駅弁「かしわめし」です。かしわは、この辺(北部九州)で、ニワトリのことですね。このそぼろを甘辛く炊いたもの、そして卵と海苔とがたっぷりと、トリの出しで炊いたごはんに乗ったお弁当。今でも、JRに乗るときなど、ついつい、これを買っちゃいますね。

これは、東筑軒というお店のかしわ飯ですが、ググってみると・・・

「関門トンネルを出ると、緑と太陽の国 ”九州”に入る。そこには僕の楽しみの一つである東筑軒の ”かしわめし” が待っている。この駅弁の味から、夢多き九州の旅が始まるのである。 石黒敬七談」

と記されているのだそうです。(今まで、包み紙をしげしげと見たことなんてなかった!)
と太陽の国・・・うーん、ちょっとデフォルメされている気もしますが、やはり暖かくて住みやすいところですよね。

折尾駅でJRに乗り降りすることはほとんど無くなりましたが、鳥栖や博多でお弁当を買うときは、やはり、これです!

 

・・・と、お弁当の話じゃなくて、春の写真の話でした。いい季節になってきましたね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top