Read Article

【お店】よひら:長崎の風情漂う割烹


長崎に行ってきました。
お仕事のあと、夜に連れて行っていただいたのは、長崎、思案橋の近くの、よひら。

思案橋というのは、帰るか、飲みにいくか、思案するから、とか…
一方通行の細い道でタクシーをおり、坂の多い長崎ならではの、細い路地を登っていくと、割烹よひらが。(タクシーは前につけられません)

関連ランキング:懐石・会席料理 | 思案橋駅

よひらってどういう意味だろう、と思ったら、長崎の花、紫陽花のことだそうです。

屋号は代表する花「あじさい」の季語である「四葩」が由来です。

なるほど!ちなみに、長崎と紫陽花の縁といえばこんな話も有名ですね。

あじさいについて
紫陽花とシーボルト

異国情緒漂う、長崎独自の食文化の魂を引き継いだ、とあるくらいで…

和食だけでなく、洋や中華のテイストもある素敵な料理でした。

お話をしながらで、全部の写真は撮れませんでしたが、ボワラ〜!

20130319183107

桜の花びら!上は生姜でした。

20130319184904

ブリ?の照り焼き。なのですが、辛子をつけていただきます。これが、また甘さと辛さがマッチして素敵。

20130319191823

野菜をいれてしまったあとの、しゃぶしゃぶのお肉!お肉も美味しかったのですが、お肉の色と、お皿の色使いがいいですね!

20130319194705

揚げ物。エビをみたらわかるように、単純な天ぷらではありません。

20130319200305

最後に鶏そぼろご飯〜

20130319202540

最後の最後の、小さなケーキも、美味しい〜

というわけで、長崎の夜、楽しんできました〜

長崎、この日に桜が満開になりました!

20130319153335




Posted with するぷろ for iPhone.

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top