Read Article

【お気に入り】若冲と仁清:有馬記念館で鑑賞してきました

有馬記念館

有馬記念?競馬?

…ではないのですが(いや、関係は大ありですが)久留米の久留米城趾にある有馬記念館で、若冲と仁清の展示をやってたので見てきました。

久留米市:有馬記念館 特別展 京都相国寺・金閣寺の美「若冲と仁清」

若冲も仁清も改めて説明の必要はないでしょうが、金閣寺と相国寺の寺宝の一部を展示、と言うことで。

若冲は、相変わらず(?)細密かつ縁を取らない縁取りの技法で、ニワトリを可愛く力強く描いています。仁清は、いかにも京焼!でキレイなのもあったのですが、個人的には寒山拾得の茶碗が妙に気に入りました。

有馬記念館は、ブリヂストンの社長石橋氏が、久留米藩の藩主(の家)有馬家を顕彰するために建てた物です。で、有馬記念(競馬)は、その有馬家の15代当主、有馬頼寧を記念して開催された物なのだそうです。

有馬記念 – Wikipedia

さて、久留米城趾は、久留米市内と筑後川を一望できる高台にあり、かつ青々とした木々に囲まれた静かな雰囲気の場所で、篠山神社を中心として、櫓跡や有馬記念館、青木繁の歌碑など、久留米の歴史と文化を思い出させてくれる、ステキな場所です。

神社(城趾)入り口。

篠山神社。

神社を横から見ると…緑がとてもステキです。

郷土の生んだ画家、青木繁の歌碑です。不遇の人生ではありますが、久留米の誇る画家です!

これが有馬記念館。横には、東郷(元帥)の居所を移築した記念館もあります。

若冲と仁清は来週までですが、小さな展示館なので、ちょっと行ってみてくるのにもいいですし、散歩にもいいところです。


Posted with SLPRO X for iPhone

Return Top