Read Article

【食べ物・お店】白神の生じゅんさい!:このシャリシャリ感がたまらない!

JUNSAI IKE-5
JUNSAI IKE-5 Photo by Yosi Oka

ご存じの方はご存じでしょうが、じゅんさいの季節です。

じゅんさい – Google 検索

京都なんかでこの時期に生じゅんさいを食べることがありますが、尋ねてみると、ほとんどは秋田から、とのこと…

と言うわけで、お取り寄せしてみました!

年々ファンを増やし続ける世界自然遺産「白神山地」のじゅんさい | dancyu.com(ダンチュウドットコム)

何といっても、透明なぷるぷるが多いです。私が笹本さんを訪ねた時、じゅんさいの現物を見ながら、そのことを訪ねたら、笹本さんの返事は『あんまり、多過ぎでも食べにくかろう……(笑)』でした。
いえいえ、そんなことはないです。やはり、じゅんさいの命はぷるぷるです。

確かに、瓶詰めのじゅんさいとは、もう、ぷるぷる感が違うのは当然なのでしょうが、圧倒的に違うのは、ここで言う、シャリ感!プルプルとシャリシャリ!二つがあって初めて、これがじゅんさい!と思えます。

これ!

この、プルプル感とシャリシャリ感!

酢の物は、奈良の柿酢で優しく味付けしてみました。わさびを辛さではなく香りだけ効くくらいに加えると最高!

お鍋〜
お取り寄せには、出汁と比内鶏とミズという山菜と、そして生じゅんさいが入っています。

ダマコ。うるち米の餅で、焼いて食べたり、出汁の味をしませておかずにしたりして食べる秋田の料理だそうです。

比内地鶏も最高!

じゅんさい鍋の方は、これまたしっかりとしたトリ鍋の中にあっても、シャリプリ感を失わず、比内鶏とステキなマリアージュ!いや〜東向いて笑っちゃいました!

このお取り寄せは、季節限定だろうと思いますが(お取り寄せも、賞味期限が二日、とかで…)、また来年、なんとしてでもお取り寄せしたい逸品でした!

Skywalker’s latest pictures
こちらもどうぞ!




Written with MyEditor and posted with するぷろ for iOS(ブログエディタ).

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top