Read Article

【食べ物・お店】鯛茶が二度うまい:秘伝のタレで博多の刺身が楽します!

神湊に来ています。こうのみなと。世界遺産になった宗像神社沖津宮(沖ノ島)のある宗像市で、古墳のある福津市の隣、もちろん宗像大社も近くです。

今回の目的地は世界遺産ではなく、このお店。

鯛茶が有名な、温や。(おんや)

時間を合わせて、11時の開店に合わせて訪れました。すでに人ががが!すぐ近くの海水浴場などが、水もすごくきれいでステキだし、これ、休日や夏のピークはすごい人だろうなぁ。

読みにくい(笑)

名物 鯛茶ごぜん、ですね。

入り口がぼr(ry

ちなみに今日はこんなにいい天気!

入り口の写真。

お店は天井も広くて広々と…

奥がまた広々と…

お土産コーナーも広いし…

トイレも広い…

さて、注文するのはもちろん鯛茶。

来ました!豪華〜左奥はがめ煮風。右奥はレンコンやコーンが入ったすり身の揚げ物。真ん中は心太です。

鯛茶!

ツヤツヤ!これ、博多でよくあるような、ゴマサバ、ゴマカンパチに使うタレがまぶしてあります。

そうだ、説明が…

と言うわけで、まずはそのまま。これ、ゴマサバとかご存じない人が初めて食べると、甘っ!ってなりそうですが…

刺身はさすが、タレももちろん(博多の人なので)うまうまです。

さて、だしを注いで…

出来上がり〜

ほうじ茶入りの出汁と混ぜるとあら不思議!甘さがほどよく薄れて、さっぱりとした茶漬けに!これに、魚が抜群に合うし、三つ葉や海苔の香りもミックスされてステキな茶漬けに変身〜

と言うわけで、ゴマサバ風鯛づけと、鯛茶漬けと二度楽しめました!

Posted with SLPRO X for iPhone

Return Top