Read Article

【写真】thetaのアプリでぼかしを:アプリ内でぼかしを入れられます

久しぶりに登場のRICOHのthetaです。

ほぼ同規格で安くて軽い新バージョンがでましたが、気にせず使いますよ〜

といっても、thetaの出番って、シチュエーションを選ぶんですよね。選ぶというか、なんでもthetaで撮れば面白いとも思うのですが、見る側にとっては…

というわけで、今回は、画面にぼかしを入れてみました。

thetaって、思わぬところが写るので、(少し離れると小さくなるとは言え)写ってはいけないもの?が映り込んでることもあります。

なので、アプリでぼかしを入れます。スタンプでごまかす手もありますけどね。

thetaの基本アプリを立ち上げて、写真を開いて…

鉛筆印から、ぼかしを選びます。

こんな画面になります。下のグレーの丸は、ぐりぐりと動かして全体を見渡すためのもの。

ぼかしを入れました。

大きすぎるときなどは、消すことももちろんできます。

これ、顔と時間を消したものがこちら。

サンフランシスコ フェリーターミナル #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ターミナルの時計を消したのは、なんでこんな時間に会場の外にいるんだっ!ってばれないため。

まあ、自白しているようなもんですが…

新製品はこちら。

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA SC (ベージュ) 360°全天球イメージ撮影デバイス 910742


RICOH THETA S – 使用説明書


Posted with SLPRO X for iPhone

Return Top