【本・映画】怒り:怒り、悲しみ、光

【本・映画】怒り:怒り、悲しみ、光

怒り、読みました。吉田修一の作品。うまいなぁ、作りが。映画も完成したところで、どっちを先に?と思いましたが、まず文庫の上を一気に読み終わり、ワナワナしつつ、下を読み終わりました。いや、面白かった。いい意味で、いつもの通りの吉田修一ストーリー、吉田修一エンディング。

Return Top