Read Article

【ブログ】ポケットのお気に入り:この一週間

この一週間のPocketのお気に入りです。

アイロン不要で3時間の部屋干しで乾くシャツ。洗ってすぐ着られる『10YC』レビュー【今日のライフハックツール】

洗濯して、ベランダに干し、それを取り込んで、アイロンがけする。

京セラの黒い包丁は強く、鋭い。白い食材も見やすくなる「ファインプレミア」

セラミックの包丁は白いものが多い中、京セラが販売している「ファインプレミア」はなんと黒。

プロカメラマンが解説!DIME5月号の付録「超望遠8倍スマホレンズ」の活用法

「DIME」の5月号(3月15日発売)の特別付録は、なんと、雑誌付録初の8倍望遠スマホレンズ! これまで雑誌の付録には、広角タイプのスマホレンズが付いたことがあったが、8倍望遠タイプのスマホレンズが付くのは史上初。

Google Earthで「カルメン・サンディエゴを探せ」ゲーム

Google Earthで、「カルメン・サンディエゴ」のNetflixでの復活を祝したゲームをプレイできる。かつての教育ゲームのように、世界中を飛び回る怪盗カルメンを追いながら世界の地理や文化について学べる。  米Googleは3月13日

元CAが見た!年収1000万円以上の男性と出会い、結婚した女性の3つの共通点

筆者は、高収入の男性と結婚した女性たちを近くで見てきましたが、高収入男性と出会い、結婚する女性には、実は共通点があるのです。

【本音レビュー】アカデミー賞作品賞『グリーンブック』はユーモアと感動のバランスが絶妙! コメディ監督だからこそ描けた傑作です

【最新公開シネマ批評】 映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

大丸・福岡天神で九州工業大の研究展示 サイエンスカフェやロボットのデモも

 九州工業大学(北九州市戸畑区)の最新研究のパネル展示や3Dプリンター作品展示などが現在、大丸・福岡天神店(福岡市中央区天神1)エルガーラ・パサージュ広場で行われている。

コーヒーもなか・和クッキー…羽田空港の新土産10選
コーヒーもなか・和クッキー…羽田空港の新土産10選

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、リニューアルが進む羽田空港。東京の空の玄関口として、新機軸の手土産も続々と誕生している。贈り物に最適な限定品の宝庫だ。新発売の空港限定品を中心に、喜ば

C・イーストウッド新作『運び屋』若い世代からも高評価、絶賛の声続々「彼の映画人生の集大成」

待望の日本公開を迎えたクリント・イーストウッド監督・主演最新作『運び屋』に、映画ファンから絶賛の声が続々と上がっている。

クリント・イーストウッドのインタビューが到着!『運び屋』で俳優復帰を遂げた裏側とは?

クリント・イーストウッドが久々の映画出演を果たした『運び屋』が、現在公開されている。『グラン・トリノ』(08)以来、10年ぶりの監督・主演作となった本作、なぜ出演を決意したのかなど、イーストウッド本人が製作の

諦めないで!学びたい人のための記憶力アップ・暗記術9選

「もう若くないから…」と、覚えることを諦めていませんか? 若い頃とは違う方法で、違う記憶術を使って覚えることはきっとできます!

品川駅港南口にスタンディングバー「あわよくばあー」 「女性が気軽に入れる店に」

 スタンディングバー「あわよくばあー」(港区港南2、TEL 03-6260-0890)が3月1日、品川駅港南口エリアにオープンした。ダイヤモンドダイニンググループ会社で、飲食業やブライダル事業を展開する商業藝術(港区)が運営

88歳でも監督やめないイーストウッドの円熟味

クリント・イーストウッド監督が、あいかわらず意気盛んだ。最新作『運び屋』(日本では3月8日公開)が北米公開される昨年12月にお会いしたときも、背筋をピンと伸ばして部屋に入ってきたかと思ったら、質問にも、丁

Apple、Apple IDに入金すると5%分がボーナスとしてもらえるキャンペーン実施中(3/14まで)

このキャンペーンは、2019年3月10日までの期間中に100円〜30,000円までの入金が対象が対象で、お一人様1回だけ利用することができます。

イーストウッドの言葉は映画ラスト同様に心染みる

監督として撮りたい題材、俳優として演じたい役-88歳になったクリント・イーストウッドが年齢にふさわしいそれに巡り合ったということなのだろう。傑作「グラン・トリノ」以来10年ぶりの監督・主演作となる「運び屋

『運び屋』クリント・イーストウッド最新作 4つのポイント解説!

 全日本おじいちゃん大好き協会の皆さん、ついにこの日がやって来た!

旅行の移動手段として最適かも?電動スケートボード「Linky」の3つの魅力

「バスを逃す」「電車を逃す」といったアクシデントは、旅行にはつきもの。誰でも一度は、移動手段がなくて困ったことがあるのでは?

『グリーンブック』否定論への疑問 ─ 「入り口」になる映画はいつの時代も必要だ

第91回アカデミー賞は、『グリーンブック』(2018)の作品賞受賞とともに幕を閉じた。しかし、その結果が波紋を呼んでいる。評論家筋から絶賛されていた『ROMA』(2018)や『ブラック・クランズマン』(2018)を押しのけて

梅林秀行(「京都暮らし応援ネットワーク」理事)・「引きこもりを生き延びる」

どのようにして生き延びたのか、そしてその経験を相談員やガイドにどのように生かしているのか伺いました。

Written and posted with するぷろ for iOS(ブログエディタ).

Return Top