Read Article

【本】佐藤正午のダンスホール:やっぱりか・・・

Fordlandia dance hall with movie screen.  Building has roof and floor but no sides, ca. 1933.
Fordlandia dance hall with movie screen. Building has roof and floor but no sides, ca. 1933. Photo by The Henry Ford

途中で寝たりしながら、何回かに分けて読んだせいか・・・
わ、わからない!

あんまりそんなことすべきでもないけど、ググってみると・・・

ダンスホールは推理小説だと思う。
読者が小説を読みながら、全体の動きと感情を推測するような推理小説だ。
時系列も事件も、バラバラになったジグソーパズルのように描かれている。
つまり、一度読んだだけではどうしようもないほどに難解だ。

「ダンスホール」佐藤正午 : noyuki ‘s diary

途中で、誰が誰か、いつの話なんだか、錯綜してくるし・・・

光文社のテーマ競作小説「死様」の中の1冊、佐藤正午をはじめ6人
の小説家がこのテーマで筆を競っている。

声が聞こえたら、きっと探しに行くから 佐藤正午らしい、奇妙で一筋縄ではいかない物語「ダンスホール」。

確かに、タイトルには(タイトル、と言う言い方は変ですが)テーマ競作小説「死様」とあるのですが、買うときには覚えていたけど、読んでいるときには、すっかり忘れてて・・・
表紙を途中で見たりしにくいのが、電子書籍の欠点と言えば欠点かな・・・

もう一回読み直しますが・・・佐藤正午らしい作品ですね。それだけは間違いない! 



Posted with MarsEdit

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top