【本・映画】マネーモンスター:息つく間もないマネーサスペンス!

【本・映画】マネーモンスター:息つく間もないマネーサスペンス!

株価の予想や、お勧めの銘柄などを派手に紹介するテレビ番組、その司会がリー(ジョージ・クルーニー)。そして、番組のディレクター、パティ(ジュリア・ロバーツ)がスタジオに指示を出しつつ、生放送が始まったところで、スタジオに拳銃とプラスチック爆弾を持った乱入者が!番組の中で絶対安心と勧められた株(これが、謎の暴落をした直後)...

第82回 「コミュニケーションの喪失と再生 映画『ロスト・イン・トランスレーション』」(ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記) – 女性自身[光文社女性週刊誌]

第82回 「コミュニケーションの喪失と再生 映画『ロスト・イン・トランスレーション』」(ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記) – 女性自身[光文社女性週刊誌]

そうそう。そうなんですよね。どうしても言葉では伝えられない、って事があって、だからといって、他の手段だったら伝えられるというわけでもなくて・・・結局は・・・でも・・・なんですよね。そのもどかしさというか、諦観というか、そんなもやもや、ふらふらした気持ちが、その通りに描かれていた映画だと思うんですよね。

「ブラタモリ」書籍化!全6冊、オールカラーで2015年度放送分を網羅 – お笑いナタリー

「ブラタモリ」書籍化!全6冊、オールカラーで2015年度放送分を網羅 – お笑いナタリー

書籍化されるのは2015年度に放送された全35回と2回のスペシャル版で、1巻と2巻は7月末に2冊同時発売。1巻には長崎、金沢、鎌倉、2巻にはスペシャル版で放送された東京駅、富士山、大河「真田丸スペシャル」と題してタモリが訪れた長野県上田と群馬県沼田でのロケの様子が収録される。

【本・映画】クロワッサンで朝食を:邦題よりは、ずっと素敵な映画です

【本・映画】クロワッサンで朝食を:邦題よりは、ずっと素敵な映画です

それにしても、ジャンヌ・モロー…名前は、本当に大昔のそのまた昔に、ルイ・マルの「死刑台のエレベーター」や「鬼火」で見ましたよ。と思えば、これまた昔に、ルイス・ブニュエルの「小間使いの日記」にも出てたし。え〜?「大列車作戦」にも出てたの?なんというか、生き字引じゃないけど、すごすぎる存在です。

【本・映画】彼女が消えた浜辺:イランの映画、初めて見ました

【本・映画】彼女が消えた浜辺:イランの映画、初めて見ました

ここでは、イスラムのことは書かれてませんが(特に宗教そのものを扱っているわけではないので)、今の日本では時代遅れもいいとこ、と言うような男女の・・・男女間のものの考え方が、面白いというか・・・もちろん、イスラムだから特別と言うことは無いのでしょうが・・・心にない男性と婚約している女性の立場と考え方(今の日本だったら、そ...

【本・映画】科学と美術と:大村智博士のエッセイ・対談 至誠天に通ず

【本・映画】科学と美術と:大村智博士のエッセイ・対談 至誠天に通ず

至誠天に通ず 【電子オリジナル版】 (Japanese Edition) by 大村 智 詩人の大岡信の言葉に「眺望は人を養う」というのがあります そうした体験を通じて、動植物や自然現象に興味を持つようになったことが、化学者への道につながっていったと思います 「教師たる資格は、自分自身が進歩していることである 人真似し...

【本・映画】アリスのままで:Still Alice=それでもアリス、という感じか

【本・映画】アリスのままで:Still Alice=それでもアリス、という感じか

ここにも書かれていますが、ジュリアン・ムーアはこれでアカデミー賞を受賞しますが、受賞直後に監督(の一人)は…難病(ALS)の悪化でなくなってしまったとのこと。 まさに、アリスに自分を映しつつ、命をかけての作品だったと思えます。 アリスのままで。原題は、Still Alice。どんなに自分が変わってしまっても、あるいは...

Return Top