【海外】3度目のリスボンなのだ。:果たして焼き肉のタレは売っているのか?エヴォラ

【海外】3度目のリスボンなのだ。:果たして焼き肉のタレは売っているのか?エヴォラ

ヴォラ行きのバスは、30分から一時間ごとに出てるので、余裕を持って30分後のものの切符を買いました。スマホで予約とチケット購入もできるのですが、多くの人はカウンターに並んで、行き先によっては時間がかかります…自販機はない感じ。

【海外】3度目のリスボンなのだ。:ニコラでモウラ、デオリンダとタコなんだ

【海外】3度目のリスボンなのだ。:ニコラでモウラ、デオリンダとタコなんだ

買い物…近くにファドのCDを売る移動屋台みたいなのがあるらしくて、探していたら普通のショッピングセンターに…fnacで、買いましたよ、アナ・モウラとデオリンダ。どちらもAmazonでもそこまで安くないので、5枚ほど。お勧めとか聞けると良かったんだけど、また屋台探してみよう。

【本・映画】リスボンに誘われて:革命か平穏か、あなたはどちらを選ぶ?

【本・映画】リスボンに誘われて:革命か平穏か、あなたはどちらを選ぶ?

スイスのベルンで(この、スイス、というの、重要です!)古典言語学?を教えているライムントは、毎日何一つ変わることのない日々を送る中年男。毎日同じ時間に同じ道を通り、同じ高校で同じ時間に授業をする… そんなライムントが、橋から川に身を投げようとしていた女性を救ったことから、彼の生活(というより、意識)に変化が生じます。

【映画】個人的にも懐かしい! 「リスボン物語」

【映画】個人的にも懐かしい! 「リスボン物語」

懐かしい・・・そして、ちょっとだけ素朴な元気をもらえるような映画でした。 リスボン物語 ヴィム・ヴェンダースの95年の映画です。ちょうど、と言うこともないのですが、98年と99年にポルトガルに行って、リスボン、そして作中で使われているマドレデウスの曲に触れることがあったので、そういう意味でも懐かしい・・・ リスボン物語...

Return Top