Read Article

少し泡盛めされたか~♪


110302_135006
Originally uploaded by hiroki_skywalker

沖縄では、ひな祭りも、甘酒じゃなくて、泡盛なのでしょうか?

今回の沖縄でも、いろんな話を聞くことができて面白かったのですが(会議のあとで、ね)、泡盛を造るのに使う黒麹(こうじ)は、発酵過程でクエン酸を作るので、その酸性のために雑菌が入らない(いわゆる、コンタミがない)、暖かい地方でも作りやすい、使いやすい、あるいは理にかなった麹なのだそうです。

ただし、クエン酸は酸っぱいので(疲れが取れそうですが)、蒸留して除かないといけない・・・

日本酒は、逆に、このクエン酸が作られないので、そのまま清酒として飲めるんだけど、雑菌が入らないように、製造過程の管理をきちんとしないといけないし、どうしても寒い地方で作られることが多い(多かった)のだそうです。

泡盛の醸造元がいくつあるのか、Wさんが、「100・・・以上はあるはずですが・・・」と教えてくれました。
ちなみに、Wさんが常駐している西表は、水は抜群にいい水があるんだけど、タイ米を本島(沖縄)から運ぶ手間がたいへんすぎて、商売として成り立たない(のだろう)、と言うことで、西表には泡盛の醸造元がないそうです。

次の会議は、やんばる(山原)地区の予定とか・・・
次回は、やんばるで頑張る・・・

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Return Top