Read Article

【海外】3度目のリスボンなのだ。:タスカ・コメは、確かに米!

海外が割と長くても、特に日本食を食べたいと思ったことはほとんどないのですが、かなり以前に一度、パリで物は試しと日本食を食べに行った(一ヶ月ぶりくらい?)ことがありました。高級店ではないですが。味の良し悪しは置いておいて、味噌汁、サラダ、メイン(生姜焼きか何かだったと思います)とご飯・・・が、順番に、あたかもコース料理のように出て来て、笑ったのを覚えています。

さて、今回のリスボンの目的というか、行ってみたいお店の一つが、テレビでも紹介されかなり有名な(有名になった)日本食のお店でした。日本食というか・・・定食屋さんのようなお店です。松花堂弁当が一押しのお店、のようです。

Kome – ホーム – リスボン – メニュー、価格、レストランレビュー | Facebook

福田ゆう子さんは、もともとリスボンのアパレル(下着屋さんだったか?)か何かのお店で働いていたところ、「日本人だからお寿司作れるでしょ?」みたいな話になって、作ったらみんな喜んでくれた。それならもっと上手になりたいと思って、そのあと一旦帰国して料理学校に行って、リスボンでお店を開いた、というようなことでした。お店を開いたのはいいけど、そして人気が出て来たのもいいけど、(その番組の当時)税金をどうやって払うかもわからなかった、というようなことを言われてました。すごいな〜

他のリスボン紹介のテレビ番組にも出演され、前に行ったNoobaiも、そこで紹介されていたものでした。

というわけで、お昼の時間に行って来ましたよ〜(ポルトガルでは、一部のお店を除いてお昼の営業が終わると一旦閉めて、夕方過ぎから夜の営業が始まります)

タスカ・コメ。もちろん、米です。

開店直後にはもうすでにテーブルはあらかた埋まっていて、カウンター席に。人気ありますね〜

お酒や焼酎は佐賀のものも含めて、色々と取り揃えてあるようです。もちろん、ワインもあるので、今回は白をグラスで。・・・アジフライに合わせて、のつもりです。

しばらくすると、カウンターの隣の席に若いお兄さんが。メニューを見て、お昼の定食のアジフライ定食と(確か)チキン南蛮定食とを悩んでいたので、「これがアジフライだよ。美味しいよ」というと、「じゃあ、同じもの!」と。

世界を旅しているフランス人ということで、(僕がいうのも変ですが)「英語にフレンチアクセントがないよね?」「イギリスに10年ほどいたしね」「なるほど」というような話から、日本(には行ったことがまだないらしく)に行くとしたらいつの季節がいいかとか、京都はいいところか?とか・・・いろんな話をしました。

朝昼晩、食事は店員さんとの挨拶以外ほぼ無言で食べているので、ちょっといい感じ。

見てると、僕の場合は写真のように、最初に小鉢とサラダがきて、味噌汁とメインとご飯が一緒にきたのですが、彼の場合は、最初に味噌汁(だけ!)が来て、そのあとサラダ、そしてメインとご飯。コースになってる!僕は最初にメニューをもらったときに日本人って言ったのですが、人(というか、バックグラウンド?)によって出し方変えてるのかな?

左はおからあえ。野菜はリスボンの地産地消もの的なことがメニューに書かれてました。

アジフライは、これはオリーブオイルで揚げてあるのでしょうね、きっと。カリカリっと揚がっていてすごくおいしかったです。

なんとなくいい気分で、珍しくデザートまで注文しちゃいました。日本でも滅多に食べないのに。抹茶アイス。これも美味しかったですよ〜

お店はすごく賑わっていて、ゆう子さんも忙しそうに立ち働いていて(日本人と、それ以外の店員さんが仕込みや調理や盛り付けをしていて、なんとなく勝手に予想していたよりたくさんの人が働いていました)、一言、テレビで見ました、とお話ししただけでしたが、カウンターの向かい側で綺麗に刺身を盛り付けていた男性は、スペインかポルトガルで働きたかった、ポルトガルならこの店と決めていた、というようなことを話していました。ゆう子さんの人徳なんでしょうか?求心力というか・・・

日本食が食べたいという理由ではなかったものの、安心できるというか、行ってよかった〜と思わせてくれるお店でした。また次も行きますね〜

Posted with SLPRO X for iPhone

Return Top