Read Article

【国内】長崎は伊王島に行ってきました

A Moment of Glory (for the US)
A Moment of Glory (for the US) Photo by

いや、それは硫黄島…

長崎のリゾート、やすらぎの島、伊王島に行ってきました。近くと言えば近くなんですが、初めて。結構、中規模の会議なんかも開かれているようです(つまり、仕事で行ったんですよ、と言う意味)。

伊王島観光案内-やすらぎ伊王島とその周辺の魅力-
島民念願の橋が出来て長崎とつながって、行きやすくなったせいもあって、近場のリゾートとして長崎や北部九州、そして韓国あたりからのお客さんで賑わっているようです。
長崎側からは、港から出ているフェリー、あるいは橋を渡って車で行けますが、我々は、長崎駅前からホテルのシャトルバスで会場に向かいました。 

場所は、こんな感じ(って、長崎を知らない人にとっては、ズームしすぎか…向かい側の辰ノ口では、以前ダイビングを楽しんだりしていたので、なんとなく懐かしい感じですね。

スクリーンショット

この写真は、新しく買ったGPSロガーで作成したもので、写真も後から位置情報をつけています。

さて、会場のホテル・・・

1F2F3CB5_UL.jpg

アップです。

1F2F2FE9_UL.jpg

この裏手(小高い山の中腹)には、馬込教会(沖之島天主堂)があります。

1F2F2713_UL.jpg

午後の休憩時間に、港からこのペンギン号に乗って海中探索に行ってきました。そう、このペンギン号、海中を展望できるグラスボートなんです。

1F2F5A91_UL.jpg

最終便だったせいもあって、さらに話を聞くとこのサービスを始めたばかりとのことで、お客さんは僕一人(スタッフは、三人!)

1F2EE6AA_UL.jpg

操舵室〜

1F2F428F_UL.jpg

ちょっとわかりにくいですが、海中の写真です。少し風があったのですが、「船は大丈夫ですか?」「はい」「では、少し外海に近い側まで行ってみます」ということで、地図の写真の左上のポイントまで足を(?)延ばしてくれました。

1F2EF0E6_UL.jpg

足を伸ばした、と言うか、ポイント探索中とのことで、操舵室の船長と、ボトムのスタッフとで「はい、ここ右手にスズメダイの群れがいます。いいポイントです」なんてやりながら、少しずつ移動していきました。2〜3センチのキビナゴの大群(小群?)もあって、なんだか可愛い魚たちに出会えました。

この灯台は…

1F2EFFF4_UL.jpg

伊王島灯台(いおうじまとうだい)|伊王島観光案内

伊王島灯台は、慶応2年(1866)に米・英・仏・蘭の4カ国と締結した江戸条約によって全国8ヶ所に設置されたもののひとつで、明治3年6月、日本で一番古い鉄造洋式灯台でした

これは、三菱造船のドック。地図の写真で、右中央にあります。

1F2F1A09_UL.jpg

小さく写っていますが、奥行き1km(キロ、ですよ!)、幅100m、深さ10m、1,000x100x10=1,000,000トン。通称、100万トンドック、だそうです。移動式のクレーンが3基、1,200+600+600トン吊り、合計で 2,400トンをつれるクレーン、名付けてゴライアス(ダビデとゴリアテのゴリアテ=ゴライアス)クレーンです!

もどってきて、港の風景。

1F2F6C6C_UL.jpg

1F2F66A2_UL.jpg

さて、伊王島では、オリーブをシンボルにして、島のあちこちで植樹しているようで、まだ実は採れないのかもしれませんが、オリーブオイル(…イタリア産)などがおみやげとして売られていました。

1F2EC7C4_UL.jpg

そんなリゾートの伊王島ですが、普通に住んでいる人達も当然いて…

1F2F7E37_UL.jpg

こんなよろず屋(?)のよしずの陰では…

1F2F784E_UL.jpg

中学生が、一心不乱にカップラーメンをたぐってました(笑)
若者は、お腹減るよね!

島には、レンタル自転車もあれば、海水浴の出来るビーチや釣りのポイントもあって、いろんな遊びが出来るようですよ。

また行ってみま〜す!



Posted with MarsEdit

コメントを残す

Return Top