Read Article

【本・映画】愛のあしあと:大河ミュージカル、ね…

becca shoes
becca shoes Photo by striatic

カトリーヌ・ドヌーブつながりで借りたのですが、勝手に想像してたのより重いと言うか、(ぱっと見)アンハッピーな最後の映画で…

映画 愛のあしあと – allcinema

1964年、パリ。靴屋で売り子をしているマドレーヌは、ある日売り物のハイヒールを履いて帰る。すると、自宅近くで街娼に間違われ、

と、1960年代のパリに始まって、プラハからチェコ侵攻、パリに戻って、現代のパリ、ロンドン。娘のヴェラは、偶然出会ったヘンダーソンを追ってニューヨークへ…行く途中に911で、モントリオールへ。最後は娘のヴェラをなくしたマドレーヌの誕生日の集まり…昔のアパートを訪れると、そこには…

と、母娘の、時代と国境を越えた愛の遍歴大河ドラマでした。

ま〜しかし、もうちょっと普通の生き方を選べよ〜とか思わなくもないのですが、最後に母の方が、その辺り、述懐したりするしな…
みんな、幸せなんだか不幸なんだかわからない…いや、不幸ではなかったんだな、およそ。
女は愛することを選び、男は愛されることを望む…すれ違いのような、そうでもないような…

母マドレーヌは、カトリーヌ・ドヌーブ。娘のヴェラは、キアラ・マストロヤンニ。実の母娘の共演です。同じ女と言っても、母は奔放で、娘はストイックというか、常に自分を抑えようというような役どころ。見た目もそんな感じですしね〜


Written with MyEditor and posted with するぷろ for iOS.

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top